北陸創価学会

ホーム > 三代会長 池田大作名誉会長について > 創価教育の父、牧口常三郎

三代会長について

創価教育の父、牧口常三郎

ライン

 明治4年(1871年)6月6日(旧暦)、新潟生まれ。

 北海道尋常師範学校卒。同校の教諭兼舎監を経て、約20年間、東京・白金尋常小学校など6校の校長を歴任。「子どもの幸福」を目的とする慈愛の教育に徹した。

 1928年(昭和3年)、日蓮大聖人の仏法を知り、1930年(同5年)11月18日に「創価教育学会」(創価学会の前身)を創立。教育改革、仏法に基づく生活革新運動へと展開した。

 戦時下、宗教・思想の統制を図る軍部権力の手で1943年(同18年)に治安維持法違反ならびに不敬罪容疑で検挙・投獄され、1944年(同19年)11月18日、獄中で逝去した。主著に『人生地理学』『創価教育学体系』など。

初代会長 牧口常三郎
ライン

「牧口常三郎」展

※創価学会公式ホームページ「SOKAnet」にリンクしています。

ライン
ページの先頭に戻る